R&Rステーション横浜店 スタッフブログ

TRPGとボードゲームの専門店、「Role & Roll Station 横浜店」の新作ゲームや周辺の話題を紹介していくBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長オススメそのに~

適度な雨と適度な日差しで菜園の農作物もぐんぐん育っています。収穫がとても楽しみ SGです。
本日も昨日に引き続き、Y店長おすすめゲーム(の一部)をご紹介しましょう。

CIMG0695_convert_20120703151750.jpg

『ジャングルスピード』
自分の手番に山札からだしたカードが、場に出ている他のカードと一致したかを一瞬で判断して「同じだ!」と思ったら場の中央にあるポール(棒)を素早くゲット!!ただし、ポールゲットに参加できるのはカードをだした当事者とだしていたプレイヤーの二人だけ。お手付きにはペナルティーが・・・
反射神経と判断力が勝利の秘訣です。

『マーシャンダイス』
プレイヤーは宇宙人となって地球の生物をアブダクト!13個のダイスを振って得点となる生体サンプルの出目を揃えていきます。ダイスをがらがらと振るのが楽しいお手軽ゲームです。

『ワードバスケット』
場に出ているカードに書かれたひらがなを頭文字に、手札の1枚に書かれた文字が末尾になる言葉を言いながら素早くカードをだしていく変則しりとりゲームです。「末尾は自由だけど7文字以上の言葉」などのワイルドカードが場を盛り上げます^^

『それはオレの魚だ!』
場に並べられたタイルの上を移動して魚を集めていきます。
ルールはシンプル!
遮られない限り1方向に進める。
途中進路は変えられない。
移動が終了したら移動開始地点のタイル(魚)がもらえる。
移動するごとにタイルが減るので移動に制限がでてきます。うまく立ち回れば相手を孤立させることも!?どこに止まり、どう動くかがカギです。

今日ご紹介したゲームはどれもシンプルなルールで手軽に遊べるものばかり。これからの季節、海に山にゲームと一緒に出かけてみてはいかがでしょうか?


店長オススメ!

通り雨とシトシト降り続く雨では同じ雨でもだいぶ印象が変わりますね。
個人的にはシトシト降る雨には風情を感じますが、通り雨の方が好きです。
こんにちは、Iです。


本日は店長おすすめゲーム(の一部)をご紹介しましょう。

CIMG0694_convert_20120703151851.jpg

『インスマスからの脱出』
最近流行のクトゥルフ系のゲームですね。一人のPLが町から脱出する人間を、残りのPL全員がディープワンとなり人間は脱出すれば、ディープワン側は脱出を阻止すればそれぞれ勝利となります。同梱された100匹分のディープワンフィギュア(駒)は圧巻です^^

『パンデミック』
世界中で猛威を振るう4種類の感染症を治療しながら特効薬を作り上げていくという協力型ゲームの代表作とも言えるゲームですね。ゲームバランスも難しすぎず、かといって簡単にはクリアできない絶妙さを誇っています。病気が広がっていく様子を目の当たりにすることでプレイヤー達の団結力もより一層強まることでしょう。

『ホワイトチャペル』
切り裂きジャックの事件をモチーフにしたゲーム。ジャックを担当するプレイヤーを警官を担当する他のプレイヤー達が追い詰めていくというルールは『スコットランドヤード』に似てますが、このゲームではジャックが犯行に及んでから隠れ家に戻るまでを一区切りにして全部で4回のゲームで決着をつけることになります。

『ドラゴンランページ』
ドラゴンの財宝を目指して洞窟に潜った冒険者たちは無事にドラゴンの財宝を見つけ出した!しかし、ちょっとしたミスからドラゴンが目を覚ましてしまったので、さぁ大変!こうなってしまったら残された道は多くない…
ゲームの終了条件は3種類。どうやってゲームが終了したかで得点の計算方法が変わります。

いくつかのゲームを簡単に紹介してみましたが、他にも色々なゲームがありますよ~♪
興味のある方はぜひ、お店で直接ご確認ください。

デッキ構築型ゲームのパイオニア

ついに7月が始まりました。学生の方は夏休みがちらちらと見えてきていますね!
すでに夏休みの計画を立てている方もいるのでしょうか?
Iです、こんにちは。


最近はTRPG関連商品の紹介が続いてしまったので、ボードゲームを紹介していこうと思います。

ということで今日は7月14,15日第2回日本選手権が行われる『ドミニオン』シリーズの紹介です!
CIMG0692_convert_20120702142023.jpg
ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、『ドミニオン』「デッキ構築型ゲーム」と呼ばれるゲームです。
このゲームはカードゲームなのですが、一般的にTCGと呼ばれているカードゲームとは大きく異なる点があります。
それは、デッキを作ることがゲームの主軸であるということです。
一般的なTCGであれば、事前にデッキを作っておいて対戦しますが、『ドミニオン』ではプレイヤー全員が同じ内容のデッキでゲームを始めます。そして、ゲームの中でデッキに新しいカードを組み込み成長させていくのです。もちろん、新しくデッキに組み込めるカードも全員共通。
相手の動きにあわせて臨機応変に対応して有利になる様にデッキを作っていく。これが、『ドミニオン』の最大の魅力だと思います。この機会に『ドミニオン』を始めてみては如何でしょう?

CIMG0690_convert_20120702141956.jpg
横浜店にもバッチリ揃ってます!残念ながら『拡張:錬金術』は無いのですが…

写真では端に見切れてしまいましたが派生シリーズの『ドミニオンキャラクターズVol.1 NITROPLUS CARD MASTERS』『ドミニオンキャラクターズVol.1 NITROPLUS CARD MASTERS+(プラス)』も好評発売中ですよ♪

今年の夏は異境旅行だ!

今日はうっすらと雨が降っていて涼しい一日ですね。
弱い雨というのはなんだか抒情的で良いですよね。ただそれだけでいろんなシーンが膨らんできます。
個人的には小雨も「穏やかな天気」だと思います、Cです。

天気や情景の描写は物語の演出ではとても大事だと思います。TRPGのセッション中にそんな周りの描写をしておくと雰囲気が作りやすいのでおススメです。
決戦の舞台を大嵐にしたり、鬱蒼とした森の中で葉擦れの音や動物の声を入れたり。
特にGMからプレイヤーにキャラクターのロールをしてほしいと思った時なんかに有効かと。
Cもシステマチックに進むシステムをプレイしている際にエリアごとの情景描写を細かく入れることで、プレイヤーから風景へのリアクションという形で引き出したりしてます。
サイコロフィクション・シリーズだとシーン表があるので、そこから膨らませれば情景描写もやりやすいですね。

というわけで、今日ご紹介するのは情感たっぷりな表紙の『マギカロギア リプレイ 大夢消滅』です!


CIMG0683_convert_20120628164644.jpg

ついに大夢の宿敵・禁書〈幻惑する絶望の王〉が決着をつけるべく動き出した。
〈幻惑する絶望の王〉によって魔法災厄の核とされてしまった大夢は〈大法典〉から刺客を差し向けられる!
〈大法典〉による抹殺か、〈幻惑する絶望の王〉の魔法による消滅か。
それぞれの道を歩み始めていた律、冬寂、密の三人は大夢の窮状を知り、彼を救うべく再び集う。
仲間と協力し宿敵を徐々に追いつめる大夢だが、その胸の内には……。

マギカロギアシリーズも3冊目。
そういえばサイコロフィクションシリーズは毎度3冊目に大事件が起きて誰かしらお亡くなりになっているんですが、今回はどうなんでしょうね。
Cは一応読みましたので結末まで知っていますが……気になる方は是非ご自身でお確かめください(笑)
今まで大夢さんと関わってきたいろんなキャラクターが登場しますので、これまでの2冊を先に読み返しておくと非常に楽しめると思います。
ハンドアウトの出し方も、こういうやり方もありなんだなぁと新鮮な気持ちです。

データパートでは新たに「プラス」と「マイナス」という能力を持った元型が登場!
魔力と引き換えに判定修正を得ることのできるこの能力。ここ一番というところで役立ちそうですね。
元型のデータはこれで全種勢揃いだそうです。
目移りしてしまいますが、どれか一つお気に入りを決めて成長させていくのも楽しそうです。
成長させた元型はオリジナル魔法みたいですよね!

それと「運命介入」の判定ルールがちょっぴり変わりました。
即座に介入したり、あるいはその身を犠牲にする覚悟を決めたりすると判定にプラス修正が入るようになりました!
失敗すれば問答無用の消滅が待っているだけに失敗はしたくありませんし、なによりこれらの修正のためにヒロイックなロールプレイがみられるかと思うとわくわくしますね!


しかし今回一番大きいのは「異境」の追加と、敵データの追加ルールでしょう!

今回新たに追加された「異境」とは、現実とは異なる別の法則を備えた異世界のこと。
そこには「世界法則」というルールによってさまざまな障害(あるいは利益)があります。
さらに独自の「異境シーン表」を使います。これは戦闘シーンでも振らなければならず、さらにシーンに登場した全てのPCが効果を受けるのです。
リプレイでもこのデータを利用して様々な異境へと足を運んでいます。より魔法使いらしいファンタジックな世界での物語はきっと楽しいですよ!
まぁ単純に異境シーン表の中身も面白いんですが(笑)いいなぁ、使いたいなぁ。

敵データの追加ルールは様々な敵の分類を定義しています。
自ら望んで〈断章〉に憑かれた魔法使い「禁書中毒」や書籍卿によって無理やり生み出された〈屍典〉など。
これまでプロットを自由に行えなかった〈断章〉が自由にプロットをできるようになったり、最初から1体元型を召還した状態で戦闘を始められたり……。
これらのデータを使えばきっと素晴らしい敵データが出来上がること間違いなし! あぁもう興奮冷めやらぬですよ!
書籍卿専用の追加魔法もありますし、GMするのがまた楽しくなりそうです!


そうそう。
秋葉原店のブログでも紹介されていたダイスセットは、明日横浜店に入荷する予定です!
お楽しみに!
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。