R&Rステーション横浜店 スタッフブログ

TRPGとボードゲームの専門店、「Role & Roll Station 横浜店」の新作ゲームや周辺の話題を紹介していくBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルの中からコインをじゃらじゃら!

先日弟が新しい本棚を組み立ててました。これで本が入るようになるとご満悦でした。
一方、本を棚に収めようすると新しい本棚が3つは必要になるCです、こんにちわ。
読みたい本に困らないのはいいんだけど、読む時間に困るのです。うーん?

本日のブログは昨日に引き続き、明日入荷予定のボードゲームを先取り紹介です!

チーキーモンキー・箱

『チーキーモンキー 完全日本語版』です!
昨日の『潜入スパイ大脱出 完全日本語版』同様、サンプルが一足先に届いていましたので、今日はこれを使ってご紹介しますよー。
しかし、箱がとにかくでかい! と言うか深い!
それもそのはず、中にはホラ

おさるさんコンニチワ!

おさるさんがいますからね!
ツイッターに画像を上げたこともありますのでご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、『チーキーモンキー 完全日本語版』にはこのおさるさんが入っているんです。
つぶらな瞳にふさふさの毛。なんともかわいらしいですね。
しかし、ただかわいいだけではないのです。
ちょっと箱の外に出てもらって……えいっ

背中バリっ

背中をバリっ! 中からチャリン!
何を隠そう、このおさるさんはゲームの収納ケースでもあるのです!
中には大量のコインが。『チーキーモンキー 完全日本語版』このコインを使った簡単お手軽なゲームなのです。

というわけで、CとIさんの2人で対戦してみました。


各プレイヤーは自分の手番になったら以下のアクションを行います。

1.コインを1枚取り出す
2.そのコインがまだ自分の一時置き場にないコインなら、さらに1枚引いてもよい
3.そのコインが既に自分の一時置き場にあるコインなら手番は強制終了
4.そのコインがサルのコインなら特殊アクションをしてもよい

手番は3の条件で強制終了しなければ自分で終了させることができます。
ちなみにコインを取り出すのはどこからかというと…

さっきのおさるさんの中からです。

つまり大量のコインをさるの中に放り込み、毎回ごそごそするわけです。
ただの袋よりだいぶ遊び心があって楽しいんですが…なんだかイケナイことをしているような気が…(笑)

というわけで、ここから先は実際の手番で追っていきましょう。


Iさん1手目

まずはIさんの手番。2回コインを引いて、出てきたのはサルとシマウマ。
先述の「サルのコインの特殊アクション」は今は使用できないので、ここでIさんは手番を終了。
手番が終了したら、その手番で獲得したコインを好きな順番で自分の前に重ねます。
この順番はかなり重要です。なぜなら、トップに置いたコインは他人に取られてしまうことがあるからです。

「自分が引いたコインが他のプレイヤーのコインの山の一番上と同じの場合、そのコインを好きなだけ自分の一時置き場にとっても良い」というルールがあるのです!
もしも同じコインが上から3枚続いていたりしたら、それを根こそぎ奪われてしまう可能性があります。
コインにはそれぞれ数に偏りがあり、出やすいコインはその分奪われやすいコインでもあるというわけですね。
コインを積むときにはそのあたりをよく考えながら置かないといけません。

とったコインを重ねる

Iさんはシマウマを上に、サルを下にしました。

C1手目

続いてCの手番。3枚引いてライオン、ペンギン、ヘビが出ました。
この中だとライオンが一番出にくいコインだから多分奪われないだろう…というわけでライオンを一番上にして終了。


Iさん2手目、チーキーモンキー!

続いてのIさんの手番で、先ほどのCの目論見があっさり崩れました。
Iさんが2枚目にサルのコインを取り出しました。ここでサルの特殊効果「チーキーモンキー」を使われてしまいます。
この効果は「チーキーモンキー!」と叫んで、好きなプレイヤーの手元の一番上のコインと、今引いたサルを交換してしまう、と言うもの。つまり、山札の一番上を問答無用で奪われてしまうのです!


ライオンがサルに!

Cのせっかくのライオンがおサルさんに!

その上さらにIさんが3枚目でサルを引き当て、Cの手元に置かれたサルは「同じコインを奪う」という通常の効果で持って行かれてしまいました…踏んだり蹴ったりだ!

これを繰り返していって、サルのぬいぐるみからコインが無くなるまで続けます。
だんだんコインが減っていく中で、数が多いコインは自然と「一時置き場と同じコインが出たので強制終了」という処理に引っかかりやすくなっていき…

強制終了…

終盤ではこんな状況も多発。
この場合、ヘビの2枚目を引いてしまったので強制終了、というわけです。
なお、手番が強制終了した場合、その時一時置き場にあったコインは全てぬいぐるみの中に戻されます!
他のプレイヤーから大量に奪い取っても強制終了をくらってしまうと、それらは全部なくなってしまうわけですね。要注意です。


さて、そんなこんなで奪ったり奪われたりを繰り返してついにゲームが終了。

ゲーム終了。枚数は…

右がIさんの獲得したコイン、左がCのです。
総枚数ではややIさん有利ですが、このゲームはここからが勝負!
ゾウ、ライオン、キリン、シマウマ、ペンギン、トリ、ヘビ、サルの8種類の動物がいるのですが、それぞれのコインを「最も多く持っている人」がその動物のタイルを受け取り、得点にすることができるのです!
つまり単純なコインの枚数もそうですが、どの動物タイルを受け取れるかも重要というわけです。


数えたところ、Cの獲得したコインはゾウ3、ライオン2、キリン3、シマウマ3、ペンギン5、トリ3、ヘビ2、サル4。一方、Iさんの獲得コインはゾウ0、ライオン2、キリン2、シマウマ3、ペンギン2、トリ5、ヘビ7、サル6。
獲得枚数が同じ場合は誰もその動物タイルを受け取れません。なのでライオンとシマウマは今回どちらも受けとれずにサヨウナラ。
それぞれが受け取ったタイルは以下の通り。

獲得したタイル

左がC、ゾウとキリン、ペンギンを獲得。
対して右のIさんはトリ、ヘビ、サルをゲット。
ここに書いてある数字がそのままタイルの点数になります。
つまり…点数は15対27……。
これに獲得したコインの枚数も加えるのですが……そういえばコインの枚数も負けてたような…。

C40点 Iさん52点 win!
大敗でした!
うーん、終盤でトリを大量に奪われたのと、ヘビやサルが最高得点なのにわりとほったらかしにしていたのがよくなかったみたいです。
サルの特殊効果「チーキーモンキー」も、結局最大得点源になりうるサルを相手に渡してしまうことになるので、あまり多用は出来ないのかもしれないですね。


というわけで、『チーキーモンキー 完全日本語版』でした!
ルールは単純、トークンもかわいいし、なによりサルのぬいぐるみが素敵なパーティゲームです!
小さいお子さんと遊ぶように簡易化したルールもあり、さらにサルの中に手を入れるときマジックテープで肌を傷めないようテープを隠す仕掛けもあって至れり尽くせり。
『潜入スパイ大脱出 完全日本語版』と合わせて明日入荷する予定です。
サンプルの方はもう貸出用として棚に並んでいますので、気になる方はぜひ遊んでみて下さい!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rrsyokohama.blog.fc2.com/tb.php/190-46310fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。