R&Rステーション横浜店 スタッフブログ

TRPGとボードゲームの専門店、「Role & Roll Station 横浜店」の新作ゲームや周辺の話題を紹介していくBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南の国の魔法使い

唐突ですがギモーヴというお菓子を知っていますか?
フランスのお菓子で元々はマシュマロと同じものなのですが、日本では果汁を混ぜて作るものや、キューブ状のものをギモーヴと呼んでいるようです。
マシュマロよりも多く空気をふくんでいるモノが大半でシュワシュワとした食感も面白いですよ♪
こんばんは、Iです。

今日は寒い冬の只中の日本から暖かそうな南国の気分を楽しめるゲームのご紹介♪
魔法でつなげる、カフナ諸島
『カフナの島々 完全日本語版』
南国カフナ諸島を舞台に二人の司祭が腕比べの為に島々に魔法の橋をかけていく名作陣取りゲームです。
プレイヤーは腕を競い合う二人の司祭となり、島々に橋をかけて支配していきます。

ゲームの基本的な流れは以下の通り
自分の手番(ターン)で手札のカードをプレイして島に橋を架けたり、相手が架けた橋を取り除いていき島の支配権を獲得する。
補充できるカードが無くなったらラウンドが終了。その時点の島の支配数を比べて多いプレイヤーが得点。
盤面の状況と手札の内容を維持したまま次のラウンドを開始。
3ラウンド終了後により多くの得点を獲得したプレイヤーが勝利となります。

それでは、実際のプレイ風景と共に紹介していきましょう!!

CIMG1803_convert_20130113171736.jpg
セットアップ完了
それぞれ手札は3枚、上の方にあるのは手札補充のためのカード。3枚は公開されていますが山札から補充することも可能です。

それでは1ラウンド目開始!!
先手は黒のプレイヤーです。
CIMG1805_convert_20130113171759.jpg
手札から「フナ島」のカードをプレイしてフナ島=アロア島に橋を架けました。
続いて「デューダ島」のカードもプレイしてデューダ島=アロア島にも橋を架けます。
CIMG1817_convert_20130113172217.jpg
アロア島に架けられる橋は最大3本、その過半数の2本を架けた黒のプレイヤーはアロア島の支配権を獲得しました。

黒のプレイヤーはここで手札を補充して手番を終えました。
次は白のプレイヤーの手番です。
CIMG1807_convert_20130113171825.jpg
「バリ島」のカードをプレイしてバリ島=ココ島に橋を架けます。
白のプレイヤーはこの1枚だけで手札を補充して手番を終えました。

少しゲームが進んで1ラウンド終盤
CIMG1808_convert_20130113171846.jpg
白のプレイヤーは「イッフィ島」「レイル島」のカードをプレイ。それぞれの島とフナ島の間に橋を架けました。
これによって白のプレイヤーがフナ島の支配権を獲得!!
この時、フナ島に架かっていた黒の橋は取り除かれてしまいます。
CIMG1809_convert_20130113171920.jpg
その結果、アロア島に架かっている黒の橋が過半数を下回ってしまったため、黒のプレイヤーはアロア島の支配権を失ってしまいました。

そして、1ラウンドが終了。
CIMG1810_convert_20130113171950.jpg
この時点でより多くの島を支配しているプレイヤーは『1点』を獲得します。
実はこの時、一番下のレイル島は白のプレイヤーが支配権を獲得していますがトークンを置き忘れてしまいました。
なので、写真上は黒のプレイヤーが優勢ですが正しくは引き分けで両者得点なしとなります。

盤面と互いの手札の状況を維持して2ラウンド目の開始です。1ラウンド目で捨て札となったカードをシャッフルして新たな山札としてあります。

2ラウンド目はカードの引きが良いおかげか、黒のプレイヤーが着実に支配を広げていきます。

CIMG1812_convert_20130113172018.jpg
ここで白の反撃!!
「ココ島」「ゴーラ島」の2枚のカードを使用して二つの島に共通する(指差されている)橋を取り除きます。
これによって黒のプレイヤーはゴーラ島の支配権を失ってしまいました。

CIMG1813_convert_20130113172054.jpg
黒も同じように攻撃!!
フナ島=イッフィ島の橋を取り除き、白の支配権を剥奪します。しかもフナ島とイッフィ島、2つの島の支配権を同時に剥奪してしまいました!!

CIMG1814_convert_20130113172123.jpg
2ラウンドが終了。
白のプレイヤーは剥奪された支配権を何とか取り返しますが、その間に黒のプレイヤーが勢力を伸ばし競り負けてしまいました。
黒のプレイヤーの方が支配数が多いので得点を獲得。2ラウンド目の得点は『2点』となります。

CIMG1816_convert_20130113172152.jpg
そして、3ラウンド目が終了。
逃げ切りを狙う黒の妨害をかわして白も勢力を伸ばしますが、一歩及ばず…
引き分けとなってしまい、両者得点なし。
2ラウンド目に『2点』を獲得した黒の勝利となりました。
ちなみに、3ラウンド目の得点は『支配している島の数の差分点』。プレイ次第では大逆転も可能なんです♪

いかがだったでしょうか?
「あ~っ!!そこ俺が狙ってたのに~」とか「この島はもらったぁぁ!!」なんて和気藹藹と楽しめるほか、上級者同士の対戦ではチェスや将棋さながらの頭脳戦も繰り広げられる奥が深い名作ゲームですよ♪


さて、ボードゲーム関連ということでお知らせをひとつ。
本日、1/13は『Role&Roll』100号記念R.CONの会場で「ボードゲーム定例会」が行われていましたが、横浜店では来月、2月9日()「ボードゲーム定例会」が開催されますよ♪
詳しくはまた後日、お知らせいたします。
お楽しみに♪
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://rrsyokohama.blog.fc2.com/tb.php/321-3047e7c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。