R&Rステーション横浜店 スタッフブログ

TRPGとボードゲームの専門店、「Role & Roll Station 横浜店」の新作ゲームや周辺の話題を紹介していくBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に完結したあのシリーズをおさらい

こんにちは SGです。
遂に天下繚乱RPGのリプレイ、『義経変生譚』シリーズの最終巻となる第三巻が発売されました。
前巻の発売から間も空いているので、せっかくですから第一巻からのお話をさらりと振り返りたいと思います♪
CIMG2010_convert_20130223134020.jpg
『天下繚乱RPGリプレイ 義経変生譚①』
第一幕
伊勢神宮から強奪された神器、八咫鏡の力にによって平安時代の英傑『源義経』が復活します。それは妖異による陰謀でしたが、義経を復活させた張本人である常陸坊海尊は忠義から妖異と手を組んで義経を復活させたものの、主を妖異に渡してはならないとある一計を案じます。
第二幕
義経を復活させた八咫鏡ですが、死者を復活させた余波か、このままでは暴走して世界を破滅させてしまう事が判明します。義経一行は世界の破滅を防ぐため生前に己と縁のある地を巡りその地の霊力を得て八咫鏡の暴走を止めようとします。しかし一行の前に源九郎と名乗る「もう一人の義経」が立ちふさがって…

記念すべきシリーズの一巻目ですね。GMには『異界戦記カオスフレア』のデザイナーである三輪清宗、プレイヤーは、復活したPC1である源九郎判官義経(美少女!)に鋼屋ジン、“自称”閻羅王白面の君の分身ことPC2葛ノ葉にすがのたすく、朝廷の密偵PC3に岩倉具視に小太刀右京、公儀隠密の中国嫁(笑)PC4小白龍に井上純弌という各界で活躍する豪華メンバー(敬称略)です。公儀隠密の中国嫁という謎単語が気になった方は本編にて確認してください(笑)

『天下繚乱RPGリプレイ 義経変生譚②』
第三幕
不完全な状態で復活した義経、このままでは世界が滅ぶ!それを阻止するための日本縦断の旅の中、義経は自分以外の“義経”の存在を知ります。そんななか、白面の君の分身である葛ノ葉の前にもう一人の白面の君が現れて甘言を弄します。はたして葛ノ葉はPC達を裏切ってしまうのか?
第四幕
妖異の陰謀は、数多の伝承に由来するすべての義経を復活させてしまいました。我こそが真の義経であると相争う中、京に三本の光の柱が出現します。それと同時に葛ノ葉にも変化があらわれます。義経の復活からずっと傍らにいた葛ノ葉ですが、彼女はいったい何者なのか?徐々に明かされていきます。

第二巻です。義経にまつわる民間伝承など、なるほどそう来たかという解釈などGMの手腕が光ります。そしてお話もいよいよ動き始めてきます。そもそも義経の復活を企んだのは誰なのか?勘の良い人ならそろそろ気が付くかも?

『天下繚乱RPGリプレイ 義経変生譚③』
そしていよいよ、皆様お待ちかねの最終巻!果たして義経と仲間たちは全ての因果に決着をつける事が出来るのか!?義経は、葛ノ葉は、妖異に堕ちてしまうのか?それとも・・・

最新刊『天下繚乱RPGリプレイ 義経変生譚③』並びに既刊①②好評発売中です。この機会に一気読みでもいかがでしょうか?

それでは本日はこの辺で、ごきげんよう!!

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://rrsyokohama.blog.fc2.com/tb.php/367-aab95334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。