R&Rステーション横浜店 スタッフブログ

TRPGとボードゲームの専門店、「Role & Roll Station 横浜店」の新作ゲームや周辺の話題を紹介していくBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦利品でウハウハなんじゃよ~

最近、無性にお蕎麦が食べたくなります。 こんばんは SGです。
今日は新商品のご案内です♪
アセンション拡張2 魂の嵐
『アセンション拡張セット2 魂の嵐 完全日本語版』
ファンタジー世界を舞台にしたハイテンポなデッキ構築型カードゲームの拡張第2弾!!
商品の紹介は先日、Cさんがブログに書いてくれましたのでそちらをご覧頂くとして、今回はルールの紹介をしていきましょう!!

今回は2人プレイを想定してゲームの流れを追っていきましょう♪

民兵弟子
各プレイヤーが最初にもらえる初期デッキに入っているカードはこちらの2種類です。
民兵2枚と弟子8枚の計10枚をシャッフルして5枚を手札にします。残り5枚は自分のデッキとして手元に置きます。
それぞれの効果は、
「弟子」はヒーローやコンストラクトを獲得するために必要なルーンを生み出し、
「民兵」はモンスターを撃退するために必要なパワーを生み出します。

プレイヤーが自分の手番ですることは実に単純明快!!
「手札を好きなだけプレイして獲得できるだけカードを獲得して、撃退できるだけモンスターを撃退する」

百聞は一見にしかず、それではゲームスタートです!!

セットアップ
セットアップの様子

先行の手番です。手札から「弟子」を場に出して「ヴォイドの民兵」を購入しました。獲得したカードは自分の捨て札置き場におきます。

ヴォイドの民兵購入
「ヴォイドの民兵」

狂信者を攻撃
さらに手札から民兵を2枚出してパワーを2点だして「狂信者」を攻撃しました。「狂信者」のコストは2点(右上の数字)なので、みごと撃退することが出来ました。これによって報酬として名誉点を1点獲得しました。
狂信者は常に場に1枚存在し、倒されても除外されたりはしません。

自分の行動が終了したら、使用しなかった手札と場にだしたカードを自分の捨て札置き場に移動させて、自分のデッキから手札が5枚になるように補充します。もしデッキの枚数が足りずに手札が5枚にならなかったときは、自分の捨て札の山をシャッフルして新たなデッキとして、そこから不足分を補充します。

ターンが進んで再び先行プレイヤーの手番です。

パワー4+1で攻撃(手札1枚消滅)
手札から民兵2枚と「虚無術士」をプレイしました。民兵のパワーと虚無術士の効果で4点のパワーを得ましたが、ここで
虚無術士の特殊効果を利用して手札1枚を消滅させて追加でパワー1点をえました。

倒した敵は虚空へ
5パワーをつかって中央列のモンスター「毒の魂」を撃破しました。撃破されたモンスターはカードに書かれた効果を処理したのち「虚空」に置かれます。
中央列のカードが何らかの理由でそこから取り除かれたら、空いたスペースに中央デッキからすぐに1枚補充します。

宿命カード
「隠し場所の猟犬」
補充されたカードは「宿命カード」でした。宿命カードは中央に出た時に「宿命:~」の部分に書かれた効果を即座に発揮します。

戦利品モンスター
「戦利品モンスター」が現れました。戦利品は今回の拡張で追加されたルールでこの効果を持ったモンスターは撃退されると虚空には行かず撃退したプレイヤーの手元に置かれます。そして、手元の戦利品モンスターは自分の手番の任意のタイミングで使用することでその効果を得る事が出来ます。
「常時獲得/撃退可能カード」である「盲信者」も戦利品モンスターですが手元には1枚しか保持できず、その戦利品の効果は後述するイベントカードが関係しています。

イベントカード
イベント戦利品効果
中央デッキから「イベントカード」がめくられたときはゲームボードのイベントゾーンに置かれます。
イベントカードには「イベント戦利品」が設定されていて、盲信者の戦利品効果を使用することでそのイベントカードの戦利品の効果を得る事が出来ます。盲信者は使用されたら虚空へは行かず盲信者の山に戻ります。

終盤間近
ゲームは最初にセットアップで準備した名誉点トークンの最後の1個が無くなったラウンドで終了します。(準備する名誉点トークンはプレイ人数×30点)
スタートプレイヤーから最後のプレイヤーまでがそれぞれ手番を行うことを1ラウンドと言い、すべてのプレイヤーが同じ回数手番を行う様にする訳です。
ちなみに、最後のラウンドで名誉点トークンが必要な場合はセットアップで準備しなかった予備分から貰う事が出来ます。

得点計算
得点計算は自分の手札、捨て札、デッキ、場に出ているカードから左下に数字のある物を集めてその数値の合計と、ゲーム中に獲得した名誉点トークンの合計が最終的な得点となります。

今回の結果は60対64で後攻プレイヤーの勝利となりました。

あまり欲張りすぎるとデッキが太りすぎて回らなくなるので、基本的にデッキに組み込む勢力は1つか多くても2つ位にするのが良いかもしれません。

以上、ざっくりとですがルールの解説をお送りしました。

本日ご紹介した『アセンション拡張セット2 魂の嵐 完全日本語版』
好評発売中です!
貸し出し用ゲームコーナーにもサンプルがあるので体験してみてください♪
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://rrsyokohama.blog.fc2.com/tb.php/399-0103b610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。