R&Rステーション横浜店 スタッフブログ

TRPGとボードゲームの専門店、「Role & Roll Station 横浜店」の新作ゲームや周辺の話題を紹介していくBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下と時間の競りとマネジメント。『ビッグ・チーズ』

再びこんにちわ、Cです。
1本目の最後で予告した通り、本日2本目のブログは『ビッグ・チーズ』のより踏み込んだ紹介です!

『ビッグ・チーズ』

『ビッグ・チーズ』
手元の部下コマを使って、次々登場する仕事を競り落としてポイントを貯めていき、最初に40点以上になったプレイヤーが勝つ、競りとマネジメントのゲームです。
プレイ人数は3~6人。プレイ時間は20分程度。


6色のネズミたち
ゲームに使う部下コマは6色各11個。プレイヤーがそれぞれ1色を担当します。
結構かわいい。特に灰色がネズミっぽくていい感じ。


部下コマ11個のうち、競りに使うのは10個。残りの1個はトラックに点数表示用に使います。

得点トラックで競争

得点トラックはチーズ模様。一応ルールでは1列に並べることになっていますが、今回は写真の都合上こんな形で。


さて、ゲームは大まかに以下のように進んで行きます。

1.山札から競りに掛ける「仕事」を1枚出す
2.親から順番に何匹仕事に回すか宣言し、競りを行う
3.競り落とした人は仕事カードを手元に置き、宣言した数の部下コマをその上に乗せる
4.今競り落とした以外のすべての仕事カードから1個部下コマを手元に戻す
5.完了した仕事(載せていた部下が全員戻ってきた)があればその得点を加算する
6.仕事を競り落とした人が次の親になり、新しい仕事の競りを始める


という流れ。とにかく競って競って競りまくるのみ!
ですが重要なのは、「部下コマをたくさん支払った仕事は得点になるのも遅い」ということ。

誰が接待いくのー?

たとえばこんな状況。「接待」の仕事に対しピンクは1個、茶色は2個、オレンジが3個出して、オレンジが結局部下3個で競り落としました。
しかしこれが得点になるのは3ラウンド後。しかも当然のこととして、支払った部下コマは戻ってくるまで使えません。
「その仕事は部下いくつ支払うに値するか」と同時に「何ラウンド、その仕事に部下を奪われてもいいのか」という所まで考え、マネジメントする必要があるわけです。
まぁ実際にはあまり難しい事ではないんですが……終盤で得点争いが激化してくる頃は「相手より早く点数を」という視点が出てきますので、重要になってきますよ。

ちなみに点数はカードの左上に書かれた数字のダイスを振って、その出目の分だけ獲得します。
この「接待」なら6面ダイスを使うわけです。

ダイス一式揃ってます
4面から20面まで一通りそろっています。TRPGにも使えそうですな(笑)

仕事カードの上に載っていた部下が全て手元に戻ったら仕事完了、ダイスを振って得点を決めます。
今回は……(ころころ)……。

「接待」大成功!!

おお、最大値の6が出ました。よかった、3ラウンドかけた甲斐がありました。
しかし場合によっては「20の仕事カードを6ラウンドもかけて終わらせたのに、1点しかもらえない」という事もあるかもしれません。
このあたりは運次第、ですね。


ちなみにカードは仕事カード以外にも2種類、特殊なものがあります。

1つは「ビッグ・チーズ」。これは仕事が終わった後に振った点数のダイスが気に食わない時、それを振りなおすことが出来ます。ただし使い捨てのカードなので振りなおした後は出目が悪くなったとしても従わねばなりません。
もう1つは「却下」。自分が今参加している競りの対象が気に食わない時、その競りをなかったことにして捨て札にし、即座に新しい競りを始めることが出来ます。たとえば自分が全く競り落とせそうにないのに「20」の仕事カードが出てきた、なんて場合は使い時でしょう。


仕事の点数や周囲の状況、手元に部下コマが戻ってくるタイミングなどを考えながら進める競りゲーム。運の要素もありますが、しっかりしたマネジメントが大事ですね!


さて、簡単にルールを説明したところで、実際に遊んでみましたのでプレイ風景と併せてもう一度。

ピンク、白、黒の争い
ゲームに参加するのはピンク、白、黒の3匹です。得点トラックの0に仲良く整列。
じゃんけんで決めた結果、最初の親は白に。

新R&D。誰が担当するか?

最初の仕事カードは最大10点もらえる「新R&D」。結構いい点数ですね。
これに対し白は様子見か1からスタート。ピンク、黒と順に競っていき、結局黒が部下4個で落札。

黒ネズミの部下4匹が担当

カードの上に並ぶ黒ネズミたち。点数になるのは4ラウンド後です。
そして次の仕事は……。

特殊カード「ビッグ・チーズ」!

おぉっと。いきなり特殊カード「ビッグ・チーズ」が出てきました。
手元に仕事カードが1枚もない状況では使いどころがありませんが、序盤からずっと持っておいて使いたい時に使えるようにしておくのはとても有効。
これには白が3個を宣言。黒は欲しいけど今はまだ4個以上掛けなくても……と判断してパス。ピンクも魅力を感じなかったかパスし、白が獲得しました。

黒ネズミの部下が1匹戻っていきます

そしてこのタイミングで、先程黒がとった仕事から部下が1人戻ってきます。白はまだ競り落としたばかりなので部下は戻りません

その後も小さな仕事を取ったり取られたりしつつ、とうとう黒が最初の仕事を終えました。
開始から5ラウンド目。ようやく点数が手に入ります。
10面ダイスを一個握り、ていっ!

10面振って出目が2…しょんぼり

「2」

4ラウンドかかった仕事の成果はわずか2点でした……残念。


といった感じで進めていきます。
なかなか出ない「20」の仕事カードにやきもきしたり、どれだけ仕事をこなしても1点や2点しか稼げなくて挫折しかけたりしながら進めていき……。

勝者は出目に恵まれた白ネズミ

ゲーム開始から約30分後。点数争いを制し次期社長の座を掴んだのは白ネズミでした。

黒ネズミは大きな仕事を獲得してトップになったものの終盤仕事を全く取れずに足踏み小さな仕事をたくさん稼いだピンクのネズミはじわじわと進み続けましたが、いきなり「20」の仕事で15点も稼いだ白ネズミの逆転には叶わず、といった感じ。

実際に遊んでみると、仕事は小さくてもしっかり稼いだ方がよさそうだな、という感触。
もちろん自分の出目に自信があれば大きな仕事中心で回すのもありでしょう!
堅実に行くか、賭けに出るか。
……性格が出そうですねぇ(笑)
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://rrsyokohama.blog.fc2.com/tb.php/462-eb651ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。