R&Rステーション横浜店 スタッフブログ

TRPGとボードゲームの専門店、「Role & Roll Station 横浜店」の新作ゲームや周辺の話題を紹介していくBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回転する歯車や水晶髑髏などコンポーネントがきれい 『ツォルキン マヤ神聖歴』



ツォルキン マヤ神聖歴


『ツォルキン マヤ神聖歴』


定価:¥7350(税込)
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:90分
デザイナー:Daniele Tscini,Simone Luciani
メーカー:Czech Games Edition





マヤ文明の部族の長として自らの一族に指示を出し、勝利点を稼ぐワーカープレイスメントゲーム。
このゲーム最大の特徴は、ワーカーを配置する場所が歯車になっていること!

6つの歯車がかみ合い、綺麗に回る

マヤ文明が発展させた5つの場所、パレンケ、ウズマル、ティカル、ヤシュチラン、チチェン・イツァを示す歯車はそれぞれワーカーを置くことのできるスペースがあります。

プレイヤーが手番にできることはたった2つ。
「必要なコストを支払ってワーカーを配置する」「配置済みのワーカーを回収し、その効果を発揮する」かのどちらかです。

ワーカーの配置は小さい数字から

ワーカーはより低い数字から置いていかなければなりません。また、ワーカーを置くときには「どの数字に置いたか」「その手番で何個置いたか」によって、置くためにコストが必要になります。

たとえばこの状況だと、赤は「0と1」の2か所に置いたので「2体目のコストに+1」されて合計2コスト。
続いて黄色が同じ歯車にワーカーを配置しようとしますが、最小の数字は2なのでコストは赤と同じ2コスト必要になります。


そしてここからが『ツォルキン マヤ神聖歴』の面白いところ!

全員が1手番ずつ行動を終えるとラウンドが終了し歯車を1つ分回転させるのです!
全ての歯車は中央の一番大きな歯車で連結されているので、全歯車が連動して一斉に動きます。

歯車が回る。すると…

すると先程こう並んでいたワーカーが……。

ワーカーが1個ずれて、上へ行く

このように1つ分ずれるわけです!
その結果、ワーカーは当初よりも大きな数字のところへ移動します。そしてそのワーカーを回収した時に発生する効果も変化していきます。
ラウンドを重ねれば重ねるほどワーカーは歯車のより大きな数字のところへ移動し、より効果の高いアクションが出来るようになります。


ワーカーを配置し、それが望むアクションに来るまで待ち、効果を使用する
それを繰り返しながら神々を喜ばせたり怒らせたりしつつ、勝利点を稼いでいきます。
ゲームの終了条件は「中央の歯車が1周した時」。最も勝利点が高かったプレイヤーが勝利します。



大筋はとてもスタンダードなワーカープレイスメントですが、歯車と言う独特の要素が見た目にも、ゲームとしてもとても面白い刺激を与えてくれます。

凝った装飾の施されている中央の歯車
高い勝利点へつながる水晶髑髏。しっかりした作り

歯車も大変凝った装飾が入っていますし、直接大きな勝利点へつなげられるトークン・水晶髑髏もすごくよくできていて、コンポーネントに力が入っていますね。
これまでのワーカープレイスメントとは一味異なる魅力を持った傑作です!

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://rrsyokohama.blog.fc2.com/tb.php/467-d139a7c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。