R&Rステーション横浜店 スタッフブログ

TRPGとボードゲームの専門店、「Role & Roll Station 横浜店」の新作ゲームや周辺の話題を紹介していくBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自慢の艦隊で敵軍を打ち破れ! 『タイタニウム・ウォーズ』



タイタニウム・ウォーズ


『タイタニウム・ウォーズ』


定価:¥5670(税込)
プレイ人数:3~4人
プレイ時間:60~90分
デザイナー:Frederic Guerard
メーカー:Euphoria Games、iello



『タイタニウム・ウォーズ』は宇宙辺境(辺獄)に発見された新エネルギー「タイタニウム」を手中に収めるべく艦隊を編成し、他のプレイヤーと惑星の支配権を争うカードゲームです。
プレイ人数とプレイ時間にあわせて設定される目標支配数を最初に達成したプレイヤーが勝利します。

このゲームで面白いのは
自分の好みの艦隊を編成できること。
そして編成した艦隊を使った艦隊戦での戦術の読み合いでしょう!


ゲームは探査、生産、配備、征服の4つのフェイズに分かれて進みます。

タイタニウム・ウォーズ 惑星とイベント

「探査」フェイズでは、そのターンで目標となる惑星とイベントが公開されます。
惑星には追加のクレジットを発生させたり部隊保有上限を上昇させたりと様々な特典があります。
イベントはそのターン中、全てのプレイヤーに効果を与えます。同時にイベントの下には「次のターンで目標となる惑星」の情報も公開されます
「現在目標である惑星」と「次に目標となる惑星」の情報を見て、この後の「征服」フェイズでどう動くかを検討する必要があるわけですね。

続いて「生産」フェイズでは自身が支配する惑星からクレジットを受け取ります。
このクレジットを消費して、次の「配備」フェイズで共通の場から装備や宇宙船を購入し、自軍を整えていく事なるのです。

タイタニウム・ウォーズ 部隊カードと改良カード

これは買うことが出来るカードの一部。艦隊を構成する部隊カードと、それらを強化してくれる改良カードです。
「戦闘機隊」や「駆逐艦」に「レーザーキャノン」を搭載したり、「アーマー」を強化したりと、自分好みの艦隊を編制できるんです。わくわくしませんか?


そしてここからがこのゲームの最重要ポイント。「征服」フェイズです。

「征服」フェイズではまず、各自が今公開されている惑星の征服を望むか望まないかの意思表示を行います。
征服を望むプレイヤーが複数いる場合、誰か1人が残るまで戦闘を行い、勝者が惑星の支配権を獲得します。

戦闘は以下の手順で進みます。

1.使用する戦術カードを選択する
2.選択した戦術カードを公開し、その優先順位に従って効果を解決する
3.使用した戦術カードを破棄し、戦闘を継続するか否かを確認する


戦闘で攻撃を行うには戦術カードと、そのカードに対応した部隊が必要です。
戦術カードはそれぞれ「そのカードによる攻撃に参加できる自軍部隊」「そのカードによる攻撃でダメージを与えられる敵軍部隊」が記されています。
そして同時に各カードは行動順が設定されており、その順番に従って攻撃の処理を実行します。

タイタニウム・ウォーズ 戦術カード

例えば行動順が1とかなり早い「惑星砲火」は「惑星支援」以外は攻撃に参加できませんが、「巡洋艦」「駆逐艦」「星間ミサイル」に対してダメージを与えられます。
対して「大規模攻撃」は行動順が7と一番遅くなりますが、「戦闘機隊」「巡洋艦」「駆逐艦」「惑星支援」の4種類が同時に参加可能で、「戦闘機体」「巡洋艦」「駆逐艦」とさらに「修理ドローン」へと攻撃することが可能です。

他プレイヤーが保有する戦力は公開情報ですが、各自がどんな戦術カードを持っているかはわかりません。
保有する艦隊のうちどの戦力が攻勢へ参加してくるのか。攻撃してくるとして、どのタイミングになるか。それに対して自分はどのタイミングで攻撃を仕掛けるのが良いのか。
また、戦闘は「1人を残して全員が撤退するか、全滅する」まで継続するので、どこまで粘るのかも気を付けなければいけません。もし全滅してしまえば艦隊の立て直しに相応の時間が必要になるでしょう
戦術の読み合いに加え、戦闘による被害と勝利した場合の見返り。それらを天秤にかけて判断し、場合によっては戦闘を避ける勇気も重要ですね。


「征服」フェイズが終了したらターンは終了です。
この時点で勝利条件を達成したプレイヤーがいればゲームは終了、そのプレイヤーが勝利となります。
誰も勝利条件を満たしていなければ次のターンへ移り、再び探査~征服の4フェイズを繰り返します。


目の前に見えている惑星の利益と、次の目標がもたらす利益の天秤。
目前に迫る敵艦隊と自身の艦隊の戦力差、相手が選ぶだろう戦術カードとこちらが出すべき戦術カードの読み合い。
多くの見えている情報と、一部の見えない情報から自分の利益を生み出す駆け引きと戦術のカードゲームです
艦隊戦が好きな人は一度是非遊んでみてください♪

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://rrsyokohama.blog.fc2.com/tb.php/555-a4f8f401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。