R&Rステーション横浜店 スタッフブログ

TRPGとボードゲームの専門店、「Role & Roll Station 横浜店」の新作ゲームや周辺の話題を紹介していくBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2種類の競りゲーム 求めるのはわびさび?名誉?

2020年のオリンピック開催地が東京に決まりましたね!!
早くもいろんなところに影響が出ている様で待ち遠しく思います。
中々、生で見に行く機会は無いけれどスポーツ観戦は大好きなIです、こんにちは。

今日のブログは新商品のご案内。
どちらも悩ましい競り要素を持ったゲームです!!
『枯山水の石庭』
枯山水の石庭
プレイヤーは〈猿挙院〉で暮らす"風水"二段の門下生となり、師の庭園の手入れを行います。
それは大いなる名誉でもありますが、同時に厳しい試練でもあるのです。
なぜなら、素晴らしい仕事をした者は昇段する事ができますが、出来栄えの悪い庭園を仕上げてしまった者には降格という厳しい罰が待っているのですから。

石庭を作り上げるために必要な石のセットは初段の門下生たちが集めてきますが、その石はプレイヤー同士の競りによって獲得する事となります。
獲得した石は全て石庭に配置することになりますが、素晴らしい石庭を作り上げるには無軌道に石を獲得・配置すればいいわけではありません。
石庭づくりには3種類の禁忌があり、それを犯してしまうと師から厳しいお叱りを受けてしまいます。
また、初段の門下生たちが集めてくる石のセットは何故かプレイヤーの数より1少なく、必ず石を配置できないプレイヤーが出てしまいます。そして、石を配置できなかったプレイヤーも怠けていたと見做され、お叱りを受けてしまうのです。

出来るだけ石を配置できるようにしながら、禁忌を犯さぬように石庭を作り上げ、昇段を目指しましょう♪


『ウィザーズ・ブルー』
ウィザーズ・ブルー
魔術師の一団は〈不老不死の妙薬〉〈魔術師の調合薬〉を完成させるための探索行を続けています。
プレイヤーは魔術師の一員となり、各地を巡り呪文を操る事で四大(エレメンツ)の力を集め秘薬の調合に必要不可欠な素材を獲得していきます。
目的はもちろん、誰よりも早く秘薬を完成させること。しかし、その栄誉は誰か一人にしか与えられないのです。
そう、共に旅する仲間たちは皆ライバルでもあるのです!!

魔術師たちは各地で呪文を放ち四大(エレメンツ)の力を集めますが、その呪文の効果は一番多くの魔力を注いだ魔術師のモノとなるのです。
つまり、魔力を用いた競りに勝たなければ呪文の効果を得ることはもちろん、四大(エレメンツ)集めも儘ならないのです。
だからと言ってあまり魔力を使い過ぎてもいけません。全員が保有する総魔力量は同じなので一つの呪文に魔力を使いすぎると他の呪文が使えなくなってしまいます。ここは競りゲームならではの悩ましさですね。
相手の状況を読んで少ない魔力で最大限の呪文を手に入れるのが一流の魔術師ですよ♪

競りゲームというと、ついつい悩んでしまって時間が掛かりそうという印象もありますが今日紹介したゲームはどちらも60分前後で終わるゲームですのでぜひ、遊んでみてくださいね☆
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://rrsyokohama.blog.fc2.com/tb.php/616-5174e10d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。