R&Rステーション横浜店 スタッフブログ

TRPGとボードゲームの専門店、「Role & Roll Station 横浜店」の新作ゲームや周辺の話題を紹介していくBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴方の好きな「恐怖」はなんですか?

こんにちわ、Cです。
突然ですが、ホラーは好きですか?
自分は大好きです。一人で部屋の中で読むとき、つい窓の外を気にしたり、トイレに行くときに廊下の隅が気になったりしてしまいますが(笑)。
「もしかしたらあの暗がりになにかいるかも」なんて……そんな想像、しちゃいませんか?

今日はそんなホラーを手軽に遊べるTRPGのご紹介ですよ!

マルチジャンル・ホラーRPG インセイン

『マルチジャンル・ホラーRPG インセイン』

河嶋陶一朗先生によるサイコロ・フィクションシリーズの新作は、ホラーRPGです!

基本的な流れは同じサイコロ・フィクションシリーズの『シノビガミ』に準じます。
それぞれのプレイヤーは個別のハンドアウトを持ち、そこには【秘密】が隠されていて、その【秘密】を暴いていくことでシナリオが進んで行く、という形式です。
しかしそこにホラーという要素が加わることで「その【秘密】は本当に暴いてしまってもいいのか?」という疑惑が持ち上がります。
暴かなければ先には進めず、しかし暴けば何かとんでもない目に遭ってしまうかもしれない。そんなホラーにおけるジレンマをとても簡単に表現することが出来るのです!


また、情報がハンドアウトとして提示されるため、現代物で偶に起こる「次にどうすればいいのかわからない」という状況が発生しにくい、という大きな利点があります。
プレイヤーがやるべきことは「情報を開示して、対処する」という点に集約されるため、情報を次々と暴いていけば自然とシナリオを進めることが出来るのです。
事件の手がかりを散りばめて、それらを集めた先で真相となる情報が登場する……なんて形式にしておけば、プレイヤーが迷うこともきっとなくなります!


さらに、このゲームには【狂気】というデータが存在します。
シナリオ中で何か恐ろしいものと出会い、その恐怖に耐えることが出来なかった場合そのキャラクターは【狂気】を獲得します。
この【狂気】、なんと【秘密】と同様にハンドアウトの形で渡されるんです。つまりどんな【狂気】を抱えているのかは秘密、ということ!
【狂気】を獲得することでプレイ中にだんだんキャラクターの持つ秘密が増えていく。すると他のキャラクターが何をやろうとしているのかわからなくなってきて、「奴の行動はもともとの【秘密】のせいなのか、それとも獲得した【狂気】のせいなのか」なんて疑心暗鬼が芽生えたりもするでしょう。
そうした「心の闇」こそ、このゲームの本領なんです!


「どんなふうに遊べるんだろう?」と気になる人はぜひリプレイを読んで下さい。
リプレイは魚蹴先生がGMを務めており、見事な手腕で日常に忍び寄る恐怖を描いています。
個人的には、夜中に1人で読むのがおススメです。しんと静まり返った部屋で読むと怖さもひとしおです。


ホラーが苦手ではなくて、『シノビガミ』が好きな人ならば絶対おすすめですよ!!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://rrsyokohama.blog.fc2.com/tb.php/617-a94af533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。