R&Rステーション横浜店 スタッフブログ

TRPGとボードゲームの専門店、「Role & Roll Station 横浜店」の新作ゲームや周辺の話題を紹介していくBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V I P

最近、「テーブルトークRPGに興味があるんですけど、何を買っていいかわからないんです」というようなご質問を良くいただきます SGです。

まぁ、ぶっちゃけその人の好みとかどんなお話を演りたいか等でお勧めのゲームも変わってきますが、自分は比較的イメージし易い現代ものなんかをお勧めしています。
何故かって?それは現実世界の延長のお話なら何ができて何ができないのかをイメージし易いのとゲーム特有の非日常との対比がし易いからです。
現実世界で魔法とか使えるとしたらそれだけでワクワクしてきませんか?

そんな訳で前置きが長くなりましたが、昨日に引き続き本日もテーブルトークRPGのご紹介~♪


『トリニティ×ヴィーナスSRS』

『トリニティ×ヴィーナスSRS』は以前こちらのブログでもご紹介した『天下繚乱RPG』と同じくスタンダードRPGシステム(SRS)を採用したゲームです。
SRSというのは、ものすごく噛み砕いて説明をすると「ゲームの骨組みになるルールの部分が同じだったら遊ぶときルール覚えるのも、SRS使ってオリジナルでゲーム作るのも楽じゃね?」という様な趣旨で提供されているサービスです。(あ、これはあくまでもSG個人の解釈なのできちんと知りたい方は公式ホームページがありますのでそちらをごらんくださいネ)

世界観
トリニティ×ヴィーナスの舞台となるのは現代と良く似た世界です。ただし、この世界には「原初の叡智」と呼ばれる未知の物質によってDNAを変化させられ【Variable Integrated Potentiality 特異統合可能性能力者】通称VIP能力者と呼ばれる超能力に目覚めた人々が存在します。そんなものすごい力をもった人々が犯罪に走ってしまえば、たとえ犯人逮捕やその他の訓練を受けた警察官といえど太刀打ち出来るものではありません。そこで政府は同じVIP能力をもつ人々を集め能力を悪用する人を取り締まる組織を作りました。これを「トリニティ」といいます。「トリニティ」の目的はしばしば迫害をうけるVIP能力者を保護し、彼らと一般人類(迫害をする心無い一部の人々、それは得てして能力をもたない一般人の妬みや差別などが原因です)との相互理解を深め差別をなくす事です。プレイヤーは「トリニティ」に所属するVIP能力者となって「トリニティ」と敵対し、能力を悪用するVIP能力者や能力を使って世界支配を目論む能力者の組織「ヴィーナス」の陰謀を防いだりしていきます。

システム
標準的なSRSの様式にのっとり3種類のクラスを組み合わせてキャラクターを作ります。基本となるクラスは「ストライカー」「オフィサー」「フォースガード」「エグゼキュータ」の4種類、これらはヒーロークラスと呼ばれそれぞれが一撃に秀でたもの、守りに秀でたものと特徴をもっています。そしてVIPクラスと呼ばれるサブクラスが9種類、これらを1種類以上組み合わせてキャラを作っていきます

このあたりのルールは『天下繚乱RPG』と一緒ですネ、さすがSRSです。

キャラクターは「アドバンスドVIP」と呼ばれるいわゆる超必殺技のような物を使う事ができます。これは非常に強力で、1撃で敵を倒してしまえるようなダメージを出すものから、逆にダメージを軽減したり、どんな攻撃も避けてしまう物など色々あります。基本的には掲載されているものから選ぶのですが、なんといっても肝はこの「アドバンスドVIP」のデータを自分で作れてしまうのですヨ!!
プレイヤーはリスト化された能力表から「アドバンスドVIP」に付与したい自分好みの能力を選択し組み合わせていくことで好きな効果のあるアドバンスドVIPを作り出すことができちゃうのです。
だけど良い事ばかりではありません。オリジナルのアドバンスドVIPを創るにはコストがかかります。
技を発動する際に付与した全ての能力のコストを足した上で100で割った値と同じだけの「VIPブースト」と呼ばれるポイントを支払う事が出来なければその技は効果を表さないのです。なお、特定の条件下にならないと使用できない等の不利な「条件づけ」をする事により作成時のコストを少なくして「VIPブースト」の消費量を減らす事もできます。

さ・ら・に

テーブルトークRPGってGM(ゲームマスターの略)が毎回シナリオ作らないといけないんでしょ?難しそうだし面倒そうと言う貴方に朗報ですヨ。
なんとこの『トリニティ×ヴィーナスSRS』にはシナリオクラフトという物が収録されているのです。これはある一定のルールにしたがってダイスを振っていくだけでシナリオの大筋ができてしまうという画期的な物でして、GMに慣れてくればセッション当日にその場でアドリブでシナリオを作ってプレイなんて事もできちゃいます。

『トリニティ×ヴィーナスSRS』公式ホームページでのサポート、リプレイやコミック、サプリメント等の関連書籍も充実しているので興味を持たれましたらそちらも手に取ってみてくださいネ☆彡
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rrsyokohama.blog.fc2.com/tb.php/80-79695abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。